水素に関する商品

画像

○ 水素水の種類

ブームになっていることもあり、水素水でも様々な商品が販売されています。ここでは水素水の商品種類についての情報をお伝えします。
まず、最も一般的なものはアルミパウチなどに入っている「水素水」そのものを販売するものです。この他、金属マグネシウム系の粉末を水に入れることにより水素を作り出すスティックタイプの水素水、ウォーターサーバータイプの水素水、水道に直結するタイプの水素水商品が販売されています。
また、本格的な水素水生成マシンなども出回っているようですが、水素水の効果はまず水素含有量ですから、注目すべき情報は水素含有量と覚えておいてください。特に、水素生成時点の水素量ではなく実際に飲む直前にどれだけ水素が残っているかが大切な情報です。

○ 水素サプリの紹介

水素を凝縮して固体化し、簡単に摂取することができる「水素サプリ」という商品も販売されています。これは水に溶かしたりすることなく、他のビタミン系サプリなどと同様に飲むだけなので非常にお手軽です。
また、水素ですから副作用もなくどんな方でも服用できるというメリットがあります。また、水をたくさん飲まなくてもよい、ノンカロリーであるということも支持されている理由になるでしょう。
ただし、水素サプリで摂取することができる水素量は水素水を通して摂取する水素量よりも少なくなってしまうという指摘もあります。水素サプリには、水素以外にもいろいろな栄養素を配合していろいろな健康効果をもたせているものもたくさんありますね。

○ 水素粉末タイプの紹介

粉末タイプの水素水商品は、プラスチック容器の中に金属(マグネシウム)が内蔵されたもので、水とマグネシウムを化学反応させる(2H2O + Mg → Mg(OH)2 + H2)ことで水素を作り出すものであり水素そのものを粉末にしたものではありません。
水を入れた容器に蓋をして振ることで水素水を作ることができますが、蓋を開けてからすぐに水素はどんどん抜けていきます。粉末タイプの水素では水に水素を溶かし込むことはできないためです。
また、水酸化マグネシウムも水素と同時に発生するため、「水素水」として販売されているものと違って副作用が生じることもあります。純粋に体に良い水素水を摂取したいという方には、あまりおすすめできません。

TOPへ戻る