水素とは?

画像

○ 水素水とは?

ここでは、水素水とはどういう物質か、通常の水との違いは何かといった知識について紹介します。
まず、水素水とは水( H2O )の中に水素原子( H )と水素原子( H )が結合した水素分子( H2 )が多量に含まれているもののことを指しています。この水素水はダイエット効果など、いろいろな健康効果・美容効果があるということが近年の研究でわかっており、その情報が最近になって私たちにも認知されるようになってきました。
水素水に関する知識は今もなお研究が進められていて、今後は医療関係で広く利用される可能性も秘めています。水素水の具体的な健康や美容への効果についての情報は、いろいろなサイトや雑誌などから入手できるのではないかと思います。

○ なぜ水素水が人気になってきたのか

水素水が現在これほど人気になっている一番の理由は、活性酸素を取り除いてくれるという効果が期待されているからです。水素水に含まれる水素は活性酸素と反応し、水になります。こうなると疲労の原因物質、老いの原因物質である活性酸素の毒が中和されますので、現代人にとっては非常に嬉しい効果があると言えますね。いわゆる「酸化」の原因となる活性酸素を中和させる「還元力」に注目が集まっています。活性酸素はストレスなどでもたまっていくもので、年をとればとるほどたまりやすくなります。また、忙しく活力が必要な方ほどストレスや生活習慣によりたまりやすくなる物質です。還元力の高い水素水は、現代社会において非常に必要とされていることがわかりますね。

○ 「水」と「水素水」の違い

私たちのまわりで販売されている「水」にもいろいろな種類があります。
ミネラルウォーターにはカルシウムなどのミネラル分が豊富で、アルカリイオン水にはOH-、NaOHといった水酸化物が含まれ、還元水には素、Ca2+、Na+など、炭酸水には二酸化炭素(Co2)、酸素水には酸素(O2)が含まれます。
水素水に含まれているのは水素(H2)分子であり、還元水の一種に分類することができますが、通常の還元水に含まれている水素は微量であり、水素水とは比べ物にならず、他の物質により還元水の還元力は水素水と比べて少ないようです。
還元力の高さについては、通常の還元水よりも水素水に軍配が上がるでしょう。

TOPへ戻る