水素水の安全性

画像

○ 水素水の製造方法の違い

水素水の製造方法にはいろいろな方法があります。
電気分解せ水素を作りだし水に注入する方法、水素ガスを注入する方法が一般的です。最近はガスの注入についても、水分子をナノ化させて水素をより溶け込ませやすくするといった方法が用いられるようになっており、進歩が進んでいます。
この製造方法の違いによってどれだけ水素をたくさん水に含ませられるかが決定します。これと同じくらい大切なことが保存容器についてで、アルミパウチのような容器に水素水を保存しなければせっかく充填した水素がどんどん抜けてしまいます。
また、複数回に分けて飲むことを考えるなら、キャップが開け閉めしやすくしっかり密封できることがとても大切になります。

○ 厚生省に認可された水素水

水素水のすごいところとして、厚生労働省に電気水素水を作る浄水器が「家庭用医療用具」として認可されていることです。
安全であるという認可ではなく、「医療用」とされているために、体にとって安全であるだけでなく水素水が身体によい、健康によいということが証明されているということでもあります。
胃酸過多、消化不良、胃腸内異常発酵、便秘、腹部愁訴といった不快感の解消、またエネルギー代謝の促進、活性酸素を無害な水へ還元するという効果が認められています。
もちろん、これは水素以外に余計な混ざり物がないことが前提の話であって、水素以外にもいろいろな物質が混ざっている場合には体に何の副作用もないという保証はできません。

TOPへ戻る